内容証明で慰謝料を請求する方法

郵便ポスト

配偶者が浮気をした際には、精神的、肉体的苦痛に対する慰謝料を浮気相手に請求することができますが、電話やメール、直接の話し合いで慰謝料を支払ってもらうことは難しい場合もあります。

感情的になってしまい話し合いがまとまらなかったり、口約束だけで支払ってもらえなかったりということも少なくありません。
そのような時には内容証明を送るのも一つの方法です。

内容証明とは

内容証明とは「差出人」「受取人」「文書の内容」を郵便局が公に証明してくれるもので、浮気相手に対して慰謝料を請求したという正式な証拠にもなります。

法的な拘束力はないので支払いを強制できるものではありませんが、受け取った相手に心理的な圧力をかけて裁判に持ち込まずに当事者間で解決するという選択を促す効果は期待できます。

内容証明は、慰謝料を請求したという事実だけでなく文書の内容全てが証拠として残ってしまうので、事実を客観的に見つめ、状況を整理したうえで文章を書く必要があります。

怒りに任せて相手の名誉を傷つけたり、自分自身が不利になることを書いてしまったりしないよう
冷静でわかりやすい文章を書くことが大切です。

内容証明の作成、送付方法

内容証明を作成する際には、一行当たりの字数や用紙一枚当たりの行数、使用できる文字や訂正の方法などに規定があり、その規定に沿っていないものは内容証明として受理されません。

用紙には規定がないので市販の便せんや原稿用紙などを使用することもできますが、内容証明用紙として市販されているものを使用すれば、あらかじめ字数や行数の規定に沿ったマス目があるので便利です。

作成後にコピーを取ったり、プリントアウトしたりして同じ内容の文書を3通用意し、郵便局の窓口に提出しますが内容証明の取り扱いがない郵便局もあるので事前に確認が必要です。
また、窓口で証明印を受けなければならないので封筒には封をせずに持参します。

内容証明は一度送ると修正したり、撤回したりすることができないので細心の注意が必要です。
無料でダウンロードできる資料では、内容証明の作成方法、文章のサンプルだけでなく、作成の際のポイントなども詳しく記載されていますので、内容証明作成の参考としてぜひご請求ください。




コメントは受け付けていません。