一人だからこそ保険は必要

母と子供

みなさんは保険に加入していますか?保険はかけるものだからと軽視する方がほとんどなのですが、実は生命保険など保険関連はマイホームの次に大きな買い物だといわれているほど大きなものです。 何十年間も支払うものだからこそしっかりと把握する必要があり、そして離婚する際や離婚した後も考えなくてはいけません。

離婚時にしておくべき保険の手続き

婚姻状態にある時に保険に加入されている場合は、離婚前にしていきたい手続きがあります。 加入中の夫の生命保険や妻の生命保険、子供の学資保険や保険の契約者の問題などです。

夫の生命保険の受取人が妻になっている場合、妻の生命保険の受取人が夫になっている場合などは受取人を子供にしたり、お互いの親にしたりといった変更が必要です。 そして子供の学資保険の受取人についても夫になっていることがほとんどなので、受取人を子供を養育する側の名義に変更します。

その他、被保険者の契約者や保険料の引き落とし口座などの見直しをして変更手続きが必要な場合はしておく必要があります。

保険を継続するか否かも決めなくてはいけません。 妻が子供を養育し、シングルマザーになる場合などは家庭では支払うことができた保険料を支払うのが厳しくなるケースがほとんどですので、そういった場合には保険の見直しが必要になります。

保険の見直し相談をする

家庭として保険に加入する場合と、一人になって子供を育てるなどといった場合とでは保険の考え方がまず変わります。 一かの大黒柱である夫に万が一のことがあった場合に手厚くなるような保険に加入されている方がほとんどですが、一人になった場合自分が大黒柱になることも考えられます。

そうなると保険内容が薄かったり、保険料が高かった利で行き詰ってしまうこともあります。 離婚をした際にはまずは保険の見直しが必要です。

お金がかかるからといって保険に加入しないでいると万が一のときにお子さんがなにもない状態になってしまい生きるための手段を失ってしまうことも考えられますから、保険には加入されていたほうが良いです。

保険は自分で用意できるお金がないからこそ入るものです。 病はいつどこでやってくるかわかりませんが、人間の身体は必ず病にかかってしまいます。 それを現実的に考えて保険に加入していることが安心の生活につながるのです。

まずは保険の見直し、加入相談を生活の収入と支出から考えてもらうために相談することをオススメします。




コメントは受け付けていません。