養育費の計算ツール

計算結果が出力されます。 ※半角数値のみ入力してください。カンマも不要となります。例) 1,000→1000
債権者の情報
債権者 給与 万円
権利者の情報
権利者 給与 万円
以下、子供の人数に応じて入力してください(最大3人です)
子供1 年齢
子供2 年齢
子供3 年齢

諦めていた養育費の請求が思わぬ値段に。 有利な離婚!平均の2倍の養育費を受け取る方法!

養育費の算出法

養育費の相場は、平均して一ヶ月3~6万円と言われていますが、夫と妻双方の経済状況や生活環境によって金額は様々です。

裁判所では、誰でも簡単に標準的な養育費額を算出できる「養育費算定表方式」という表を公開しています。

子供の年齢と人数、養育費をもらう側と支払う側の税込み年収を算定表に当てはめれば、簡単に養育費の一般額を調べるができるというものです。

このサイトの養育費の計算は「養育費・婚姻費用算定表」を基に作成されています。
計算結果はあくまでも目安ですので参考程度にご活用ください。

養育費の計算ツールの使い方

入力するのは以下の項目です。

  1. 債権者(支払う側)の情報を、給与か自営を選びます。
  2. 債権者(支払い側)の給与を数字で入力します。カンマはいりません。
  3. 権利者(養育費を受け取る側)の情報を、給与か自営を選びます。
  4. 権利者(養育費を受け取る側)の給与を数字で入力します。カンマはいりません。
  5. 子供の年齢を数字で入力します。3人まで入力することが可能です。
  6. 全て入力を終えたら、計算ボタンをクリックします。

これで1ヶ月分の養育費がわかります。
とても簡単ですので、話し合う前の目安として参考にすると良いでしょう。

養育費が支払われない場合の対処法

適切な養育費の金額を知る

養育費は、貴方の子供の衣食住や教育のために使われる、とても大事な費用です。離婚に至った場合、父母間において、子供の成長とこれからの生活にどのぐらいの金額が必要になるのか、きちんと計算して決めることになります。

養育費には通常、取得することの出来る目安の金額である、標準的な養育費の額が定められています。家庭裁判所の実務においては、そのような養育費の算定表の使用が定着化しているそうです。

まずは貴方の子供の適切な養育費の額を知るために、試算表を基に計算してみましょう。特別な知識の必要はなく、貴方自身の現状を入力するだけで、すぐに貴方の子供の養育費の目安を知ることが出来ます。

養育費の最終的な金額は、結局の所、両者における様々な事情を考慮して、双方が納得・合意した上で、自由に決めることになります。しかしながらも、個人にどのような事情があれ、一般的には算定表の金額の範囲内で考慮されるようになっています。この範囲を超えた金額が必要とされる場合は、特別な事情がある時だけです。

また、試算表はあくまで目安であるということに注意して下さい。双方の意見が対立してしまった場合、最終的な決断は養育費の算定表だけに限らず、家庭裁判所になります。

離婚した元夫が失業した場合の、養育費は?

親子

元夫とは、協議離婚しました。親権者は、子供の年齢が低いので私に親権、そして元夫から養育費を支払ってもらうことになっていました。 離婚の原因の決定的決定的なものはなく、お互いの価値観の相違から溝が大きくなり一緒に生活できな […]

「離婚した元夫が失業した場合の、養育費は?」の続きを読む

お互い話し合いをしたけれど、養育費の金額が決まらない場合は?

家族

学生時代の同級生同士の、付き合い始めてわずか1年での結婚生活の果て3年の後期からの付き合いで、4年になったころには結婚の話が出ていたということです。 まあ、その裏には妊娠ということもあり、結婚式は9月の終わりに挙げていた […]

「お互い話し合いをしたけれど、養育費の金額が決まらない場合は?」の続きを読む

養育費を子供の教育費として使わずに貯蓄していたら税金がかかるって本当?

子供

子供1人を連れて6カ月前に離婚しました。現在、実家の両親と同居しています。 私は、離婚以前から仕事をしていたので、そのまま継続して働き給料をもらっています。 同居しているのは、両親に子供を預けて日中仕事をしている間、保育 […]

「養育費を子供の教育費として使わずに貯蓄していたら税金がかかるって本当?」の続きを読む

元妻が再婚した場合の養育費はもらえる?

母子

友人が離婚し、その後再婚しました。元夫は、友人が再婚した事を口実に養育費を支払わないと言ってきたそうです。 でも、友人が引き取り親権を持って育てている子供たちは、元夫との間の子供たちです。 支払いを拒否することなんてでき […]

「元妻が再婚した場合の養育費はもらえる?」の続きを読む

どうしても子どもを育てられない・・・親権を放棄することはできるのか?

子供

親権は親の権利でもありますが、義務でもあります。一方的に放棄することは基本的にできません。 しかし、やむをえない事情であると認められた場合のみ、親権の一部またはすべてを適切な人物に譲ることが可能です。 どのような場合に認 […]

「どうしても子どもを育てられない・・・親権を放棄することはできるのか?」の続きを読む

兄弟姉妹不分離の原則 ─兄弟姉妹の親権者を分けることはできるのか?

兄弟

父親が兄を、母親が弟を、というように、夫婦が兄弟姉妹を別々に引き取り親権者になることは可能なのでしょうか? 結論から言えば、可能です。 しかし、兄弟姉妹を離れ離れにすることは望ましくないともされています。一体どういうこと […]

「兄弟姉妹不分離の原則 ─兄弟姉妹の親権者を分けることはできるのか?」の続きを読む

親権と監護権の分離 ─父母共にどうしても親権が欲しい!

子供

父母共にどうしても親権が譲れない場合、争いが長引くと子どもに悪影響があるかもしれません。 そんな時、親権から監護権のみを分離し、一方が親権、一方が監護権というように分けることが可能です。 ただし、それが子どものためになる […]

「親権と監護権の分離 ─父母共にどうしても親権が欲しい!」の続きを読む

子どもを連れて相手が出て行ってしまった・・・親権はどうなる?

親子

離婚に向けた別居の場合、子どもと一緒に暮らしている方が後の親権争いで有利になると考え、無断で子どもを連れて出て行ってしまう・・・。 しかし、これには違法性があると捉えられる可能性もあるのを知っていましたか? 同じ事をやり […]

「子どもを連れて相手が出て行ってしまった・・・親権はどうなる?」の続きを読む