養育費を貰えないお悩み相談室

法律

絶対に養育費を貰う

調停証書や離婚協議書まで作ったのに、何年かして元パートナーが養育費を払ってくれなくなったというお話をよ聞きます。

そんな時あなたならどうしますか?


会社に乗り込み養育費を払ってもらいますか?

それともパートナーの両親に代わりに養育費を支払ってもらいますか?

どちらもうまくいかないでしょう。

会社に乗り込むというのは自力救済といって不法行為にあたりますし、元パートナーの両親は連帯保証人にでもなっていない限り責任はありません。

一番いい方法はまず家庭裁判所に行き無料で作成してくれる「履行勧告」「履行命令」を出してもらうと良いでしょう。

これはなかなかいいシステムで支払を促すだけではなく、応じなければ10万円以下の過料に処する事ができます。

それでもまだ応じないというなら次にする事は、強制執行手続きですがこれは素人には難しいことです。

法律をちょっとかじったくらいではできないでしょう。

専門家(弁護士など)に相談するのが良いと思います。

強制執行手続きは家庭裁判所ではできません。

地方裁判所か簡易裁判所で手続きします。

そして給料や財産を差し押さえるわけですが、その肝心の元パートナーに差し押さえる財産がなければ意味がありません。

調停や裁判をしなくても、差し押さえする事ができる方法もあります。

その手続きは、協議離婚書を公証人役場に行き強制執行認諾約款付の公正証書にしておけば債務名義になります。

このことを執行証書といいます。
これがあるとわざわざ家庭裁判所に行き調停を起こさなくても、強制執行手続きを行う事ができます。

それもだめならあとは、絶対に養育費をもらうという意志をもって裁判をおこすことです。




コメントは受け付けていません。