子どもが成人するまでの養育費

子供2

協議書をかわし離婚が成立し、さあ新しい生活の始まりです。でもちょっとまってください。

  • 本当に養育費だけで子ともが育てていけますか?
  • 子どもが成人するまで(0歳から22歳)までにどれだけの養育費がかかると思いますか?

ではまずは学校だけで計算してみましょう。

幼稚園から高校までをすべて公立で国立大に入れるとすると合計約1300万円(結構かかりますね)かかります。

国公立にいけず私立の大学で文系に行けたとして合計約1400万円(100万もちがうの!?)かかります。

国公立にいけず私立の大学で理系に行けた場合はなんと約1500万円もかかってしまうのです。

頭が痛くなる金額です

もし月々6万円の養育費を受け取る事になっていたとして、もし仮に0歳から22歳まで養育費を受け取るとするならば1584万円受け取れる計算になります。

しかし、子どもが2歳で離婚が成立したとして養育費のもらえる総額は1440万となり、10歳だと864万まで減ってしまいます。それにお小遣い、習い事、衣服、食費などが他にもかかってくるわけですから、養育費をずっと6万円とすると大変です。

もちろん増額してもらうという手もありますが、元パートナーの収入が変わらず増額に応じられないということもあるかもしれません。一人で育てていくと決めたからには、自分で仕事を探し学資保険に入りその時に備えて準備をしてあげることも大切です。

各都道府県に母子家庭の自立支援をサポートしてくれる団体などありますので調べて相談に行ってみるといいと思います。一人で抱え込むのではなく、誰かに相談してみると解決の糸口が見つかるかもしれません。




コメントは受け付けていません。